編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

HPE、HCI新製品「Nimble Storage dHCI」--サーバーとストレージを個別に増強

河部恭紀 (編集部)

2020-01-30 07:45

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は1月23日、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)のシンプルさとコンバージドインフラストラクチャー(CI)の柔軟性を兼ね備えた、次世代HCI製品「HPE Nimble Storage dHCI」を発表した。

 dHCIの「d」は、「構成要素に分けられた」を意味する「disaggregated」の略で、コンピュートとストレージが構成要素として分けられていることを示す。

 コンピューティングリソースとしては、「HPE ProLiant DL360/DL380 G9/G10」を使用。「Intel Xeon」プロセッサーを搭載し、サーバーあたり最大2プロセッサーが利用可能。メモリーは最大3TB、10ギガビットイーサネット(GbE)に対応する。

 ストレージリソースとしては、「HPE Nimble Storage」を採用。ソリッドステートドライブ(SSD)とハードディスクドライブ(HDD)のハイブリッド構成となっている「アダプティブフラッシュアレイ」、SSDだけの「オールフラッシュアレイ」が利用可能。人工知能(AI)を活用したというクラウドベースの管理ツールである「HPE InfoSight」が実装されている。今後としては、ストレージクラスメモリーおよびNVMeに対応したメモリー駆動型フラッシュも予定されているという。

 その他の構成要素としては、管理ツールに「VMware vCenter」を使用。「Integration Stack Manager」「Nimble Storage dHCI plug-in for vCenter」「Nimble Storage dHCI展開ツール」といったソフトウェアがストレージに実装されている。ハイパーバイザーとしては「VMware vSphere」をサポート。ネットワークスイッチとしては、「Mシリーズ」「FlexFabric」「Aruba」製品に対応している。

本田昌和氏
本田昌和氏

 Nimble Storage dHCIについて、「HCIという領域で顧客が抱えている新たな課題に応える」製品と同社ハイブリッドIT事業統括 製品統括本部 統括本部長の本田昌和氏は説明する。

 HCIは、「コンピュートとストレージがパッケージのような形で使い勝手よくデザインされているが、極端にCPUの能力が求められる、または、極端に大きなストレージが求められるといった要件の異なるワークロードが入ってくると、サイジングや拡張などが難しい」と本田氏は述べる。一方で、コンピュート、ストレージ、ネットワークが個別に管理されるが柔軟性の高い混在3階層アーキテクチャーでは、「HCIで実現しているような迅速性や俊敏性は犠牲になる」(同氏)

 そのため、課題は、「ハイパーコンバージドの良さを生かしながら、HCIだけではカバーしきれなかった予測不能なワークロードにいかに対応するか」(本田氏)であり、HCIのシンプルさとCIの柔軟性を兼ね備えたNimble Storage dHCIは、両方の「良いとこ取り」をしたような製品と同氏はアピールした。

Nimble Storage dHCIの位置付け

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]