編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

静岡県、医療費助成の認定業務を効率化--スキャナーとOCRで作業時間を4割減

NO BUDGET

2020-01-31 13:13

 静岡県 健康福祉部 疾病対策課は、指定難病医療費助成の更新認定業務を効率化するため、PFUのイメージスキャナー「fiシリーズ」と業務用OCR(光学文字認識)ソフトウェア「DynaEye」を採用した。

 臨床調査個人票をスキャナーとOCRソフトウェアでテキスト化し、医療費の支給可否を自動判定することで、これまで手作業だった認定審査の判断ミスを防止する。さらに、審査にかかる時間も職員の作業負担を軽減することで4割以上短縮できるという。

導入効果
導入効果(出典:PFU)

 同課では、年間約1万4000件の指定難病医療費助成受給者証の更新認定業務を実施している。この作業は、県内の保健所窓口に申請された臨床調査個人票を県庁へ集約し疾患ごとに仕分け、臨床調査個人票の目視による内容確認と認定審査を実施するもの。

 今回の導入では、全体の更新申請件数のうち、約7割を占める特定の疾病について、これらの申請を対象に効率化を図った。臨床調査個人票をスキャナーとOCRによりテキスト化し、Excelの表計算式を活用して更新審査を自動判定できるようにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]