編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

プログラミング言語「MicroPython」対応の小型ボード「Pyboard D」

ZDNet Japan Staff

2020-02-02 08:00

 新たにリリースされた小型低消費電力ボードは、開発者が自作ハードウェアやDIYガジェットを制御するための新たな方法を提供する。

 「Pyboard D-series」の切り札はその効率性と併せて、プログラミング言語「MicroPython」が動作するボードであるという点だ。MicroPythonは、「Python 3.4」をわずか16KバイトのRAMを搭載する低消費電力マイクロコントローラ上で動作するようカスタマイズしたバージョンである。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年3月28日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

b

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]