編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグルが披露したさまざまなAI研究プロジェクト--次の10年視野に - (page 2)

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2020-02-05 06:30

 Dean氏が挙げたもう1つの難関は、「サーバーベースの大規模な環境が必要だったMLモデルをデバイス上で実行する」ための能力だ。

 Googleはこの点で既に大きく歩を進めており、同社のオンデバイス翻訳サービスは59種類の言語に対応している。

 Googleと業界の大半はAI分野において、この数年で長足の進歩を遂げたものの、同テクノロジーが持つ潜在的な短所に対する大衆の気付きと、関連規制が業界に影を落とそうとしている。

 これを受けてGoogleは、同社のAIリサーチに適用する倫理ガイドラインについて語り始めるようになった。1年半ほど前に同社は、AIアプリケーションの開発指針となる一連の原則を公開した。また同社は、武器のような、害をなす可能性のあるテクノロジーを目的としたAIを構築しないとコミットした。

 Dean氏は、「こういったシステムについて考え始め、このリサーチが世に広まるようになるにつれ、このような取り組みがもたらす意味合いを考えることと、特定の問題に対する適用方法と、適用すべきでない問題についてどのように考えるべきなのかが本当に重要となっている」と述べた。

 Googleのコミットメントを見たうえで、構築対象テクノロジーの一覧から「武器を搭載したドローン」を抹消するのは簡単だ。しかし、害をなす可能性のあるAI駆動テクノロジーは(一見すると無害に見えるかどうかにかかわらず)数多く存在している。

オープンソース化によって生み出される創造性

 GoogleのMagentaチームでは、芸術や音楽の創造におけるMLの役割を探求するオープンソースのプロジェクトが進行中だ。その目標には、ディープフェイクを奨励することなく、音声合成分野を発展させていくというものが含まれている。このチームは28日に、開発したアルゴリズムによって人の歌声や、楽器の音、猫の鳴き声などの特定の音声入力を受け取り、フルートやバイオリンといった他の楽器の音に変換するというデモを実施した。

 これは他人の声を合成するようにはできていない。チームは知的なスピーチを生成できないよう、音程とテンポのみを意図的に訓練するようにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]