契約書管理「ホームズクラウド」に電子契約「クラウドサイン」が標準で提供

藤代格 (編集部)

2020-02-05 07:00

 契約マネジメントサービス「ホームズクラウド」を提供するHolmes(千代田区)と契約書管理サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム(港区)は2月3日、業務提携を発表した。ホームズクラウドの電子契約機能としてクラウドサインを活用できるという。2020年秋ごろに実装する。

 ホームズクラウドとクラウドサインをシステム連携し、標準機能として搭載。ユーザーはクリックのみで活用でき、画面遷移が不要になるという。

活用イメージ(出典:Holmes)
活用イメージ(出典:Holmes)

 利用にあたり追加料金などは発生せず、ホームズクラウドの契約ユーザーはクラウドサインをそのまま利用できる。ただし、実装後に契約するユーザーはホームズクラウド、クラウドサインそれぞれとの契約が必要。

 また、ホームズクラウド自体の電子契約機能も引き続き提供。ユーザーはどちらかを選択できるようになるとしている。

 Holmesで代表取締役 最高経営責任者(CEO)を務める笹原健太氏は、契約に関する業務の傾向を「さまざまな部署、人を介在し、関連する業務や情報が散逸しやすい。また、書類そのものの作成に加え前後処理、付随する契約の発生が多い反面、営業や会計、人事と比べて手が付けづらく、専門家に任せがち」と指摘。根深い本質的な“負”があり、ほかの業務と比べテクノロジー活用が遅れているという。

 一方、アメリカでは注目が集まりつつあり、大規模な市場化が予想されていると説明。「今は聞きなれないかもしれないが、今後必ず広がる」(笹原氏)と予想する。

アメリカのトレンド(出典:Holmes)
アメリカのトレンド(出典:Holmes)
お互いのシャツを交換した、(左から) 弁護士ドットコム橘大地事業部長、Holmes笹原健太CEO
お互いのシャツを交換した、(左から) 弁護士ドットコム橘大地事業部長、Holmes笹原健太CEO

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]