キヤノンマーケティングジャパン、EDRの運用監視サービスを発表

ZDNet Japan Staff

2020-04-21 11:15

 キヤノンマーケティングジャパンは4月21日、サイバーセキュリティのEDR(エンドポイント検知・対応)製品の運用や監視を支援する「EDR運用監視サービス」を発表した。5月8日に提供を開始する。

 新サービスは、2019年5月に発売したスロバキアのESETが開発を手掛けるEDRソフトウェア「ESET Enterprise Inspector(EEI)」を活用し、PCなどのエンドポイントに侵入する高度なマルウェアなどの脅威の検知および対応における運用業務を支援する。

 EEIは、各エンドポイントに配備するツールと各ツールからデータを収集、統合するサーバーで構成される。今回のサービスでは、キヤノンマーケティングジャパンが協業するブロードバンドセキュリティのセキュリティ監視センター(SOC)と連携し、EEIのサーバーからのアラートや各種ログデータなどを24時間体制で運用監視する。検知されたアラートなどはSOCのアナリストが分析して必要に応じて利用企業に通知するほか、レポートも提供する。

サービスイメージ
サービスイメージ

 サービスメニューは、検知イベントの通知やポータル機能、月次レポートの「エントリープラン」と、エントリーの内容に加えてイベントの分析や端末の隔離なども行う「スタンダートプラン」の2種類。オプションメニューで月次報告会の実施やフォレンジック対応支援なども用意する。端末1台当たりの年間利用料はエントリープランが2300円、スタンダートプランが3800円(導入費用やソフトウェアライセンス、ハードウェア費用などが別途必要)。

 キヤノンマーケティングジャパンでは2021年までに100社の利用を見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]