編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本IBM、「AIセンター」を開設--企業のAI活用を総合支援

藤本和彦 (編集部)

2020-02-07 16:26

 日本IBMは2月7日、企業のAI(人工知能)活用支援に向けた新体制を明らかにした。具体的には、「IBM AIセンター」(以下、AIセンター)を新たに設置し、企業全体での信頼できるAIの本格活用を支援していく。

 AIセンターは2019年12月に発足、2020年1月に社内で準備を整えた上で、2月に本格稼働を始めた。業界ナレッジや技術・サービスを活用し、それぞれの企業に適した「Journey to AI(AI活用への筋道)」を描き、推進する。新体制では、戦略・業界コンサルタントやデータサイエンティスト、ソリューションスペシャリスト、AI開発者など、部門横断的に人材を集めている。

 センター長に就任した技術理事の山田敦氏は「IBMの全てのソリューションと技術を集結して推進する体制」だと会見で述べた。個々の部門単位のAI活用ではなく、企業全体でのAI活用を支援するという。

 AIセンターでは、AI活用を成功に導くためのベースとして「Journeyの基本形」を使って企業ごとにカスタマイズし、データ活用の推進チームを支援する。戦略策定やロードマップ策定などの全体構想や、AI構築、データ整備、データ基盤・分析環境の構築、デジタル人材の育成など、約150の製品・サービスをメニューとして準備し、顧客のニーズに応じて組み合わせる。

Journeyの基本形とそれに対応する製品・サービス群 Journeyの基本形とそれに対応する製品・サービス群
※クリックすると拡大画像が見られます

 常務執行役員 クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部長の伊藤昇氏は会見で、ForresterやMIT Sloanなどの調査結果などを挙げながら、多くの企業はデータ活用やAI技術への投資を重要な戦略と考えているとした。実際にAIの活用に取り組み始めている企業もいる一方で、どのように進めればいいのか悩んでいる企業も多い。「AIを活用した企業変革を会社全体で支援していく」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]