編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

新型肺炎への株式市場の恐怖は既にピークアウト?--日本株は押し目買い方針

ZDNet Japan Staff

2020-02-10 10:35

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 新型肺炎による景気悪化懸念が強まる中、先週の日経平均はV字回復
  2. 株式市場は何でも先取りで動く:半年後に新型肺炎への恐怖は終息?
  3. 武漢発の新型肺炎は、SARSよりは致死率が低いと考えられる
  4. 先週出た好材料

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

新型肺炎による景気悪化懸念が強まる中、先週の日経平均はV字回復

 先週の日経平均株価は1週間で622円上昇し、2万3827円となった。先々週、日経平均は新型肺炎の恐怖で622円下落したが、先週はV字反発し、先々週の下げをきっちり取り返した形となった。

日経平均日足:2019年10月1日~2020年2月7日

出所:楽天証券経済研究所
出所:楽天証券経済研究所

 昨年(2019年)10月以降の日経平均の動きを、簡単に振り返る。10~12月は、日経平均の上昇が加速した。米中対立の一時緩和、世界景気回復期待から、世界的に株が上昇した流れから、日本株にも外国人の買いが増加した。

 ただし、10~12月の世界景気は不振だった。中国を中心に、製造業の景況が世界的に悪化した。中国と経済的つながりが深い日本・ドイツ・東南アジアの景気も悪化しつつあった。

 先行き回復期待があるものの、まだ景気が悪い中で株高のピッチが速いことに、やや不安が生じていた。そうした中、12月後半から、「目先はスピード調整が必要」とのムードが広がり、日経平均の上値は重くなっていった。

 1月に入り、米国・イランの緊張が高まり、開戦危機が高まったと不安が広がり、世界的に株が急落した。ところが、米・イランとも緊張の高まりを望まないことが分かると、すぐに株は急反発した。15日に、米中が通商交渉で「第一段階合意」に署名したことも好感された。

 ところが、その直後から、中国武漢市で発生した新型肺炎に対する恐怖から、世界株安となり、日経平均は再度急落した。新型肺炎が、中国景気を悪化させ、世界全体の景気に悪影響を及ぼす不安が広がった。

 中国政府は、武漢の交通遮断、団体旅行禁止など政策を総動員して感染拡大を封じ込める構えだが、現時点で感染者の拡大に歯止めがかかっていない。そのため、春節休暇(1月24日~2月2日)が明けても、中国では人の行き来が制限されたままである。操業を再開できない工場が増えており、それが、中国とサプライチェーンでつながった世界中の製造業に悪影響が及ぼす懸念が強まっている。

 ところが、そんな中、先週は世界的に株が急反発し、日経平均も外国人と見られる投資家の先物買い戻しによって急反発した。

 あたかも、新型肺炎への恐怖が去ったかのように見える動きだ。これを、どう解釈したら良いのだろうか? 筆者は、株式市場における新型肺炎への恐怖は、既にピークアウトしつつあると予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]