編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

投資したい国の1位の米国株--初心者ならつみたてNISAが最適

ZDNet Japan Staff

2020-02-14 10:34

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 「米国株に投資してみたい」投資家が増えている
  2. 米国株式への投資興味が高まっている理由は?
  3. 「つみたてNISA」を活用した米国株への長期投資

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

「米国株に投資してみたい」投資家が増えている

 中国で発生した新型肺炎の感染拡大とその業績への影響を巡る不安で、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)は上値の重い動きとなっている。一方、米国市場では今週も主要株価指数が史上最高値を更新した。指数別の年初来騰落率ではS&P500指数が+4.6%、ナスダック総合指数は+8.4%となっている(2月12日)。

 米国株高の主因としては、S&P500指数のウエイトで約2割を占めるGAFAM(大手IT銘柄群:グーグル[アルファベット]、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト)の株価堅調、雇用統計など主要経済指標が米景気堅調を確認したこと、11月の大統領選挙に向けた当選予想確率(PredictIt)で、「共和党大統領候補」(現時点ではトランプ大統領)の当選予想確率が57%に上昇し、「民主党大統領候補(未決定)」の当選予想確率(46%)を引き離した安堵感などが挙げられる。

 楽天証券では「楽天DI」と呼ぶ個人投資家向け調査を毎月実施しており、「今後、投資してみたい国(地域)」について集計している。図表1は、2020年1月の調査結果(約4200人回答)と2018年12月の調査結果を比較したものである。注目したいのは、(1)「投資してみたい国」としてアメリカ(米国)が約6割を占めるまで上昇していることだ。

 2018年末時点の調査と比較すると約27%も増加した。「日本」は33.2%と2位を維持しているが、2018年末時よりも約7%減少した。2018年中ごろまでは「日本」と回答した人の割合が1位だったが、その後は「米国」に逆転され続けている。

図表1:米国は「投資してみたい国」ランキングで第1位

出所:楽天DI(楽天証券による個人投資家調査/2020年1月)より楽天証券経済研究所作成
出所:楽天DI(楽天証券による個人投資家調査/2020年1月)より楽天証券経済研究所作成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]