編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

Box、ワークフローにファイルごとのセキュリティを自動設定

藤代格 (編集部)

2020-02-17 07:15

 クラウドスストレージサービス「Box」の国内提供を担うBox Japan(千代田区)は2月13日、「Box Relayを使用した自動分類」の提供を発表した。ワークフロー作成オプション「Box Relay」がファイルセキュリティを細かく分類、管理できるオプション「Box Shield」と連携できるよう機能拡張。ワークフローの進展に伴い、セキュリティ分類の自動変更などが可能になるという。

 ファイルのアップロード、移動など、ワークフローを発生、進ませる要因となるBox Relayの“イベントトリガー”、またそれらに応じて自動で発生させるファイルの移動、コピーといった具体的なアクションとなる“イベント結果”に、“分類ラベル”としてセキュリティレベルを設定できるBox Shieldの“分類の適用”を追加。

 ワークフローの進捗に合わせ、ファイルのセキュリティを事前に設定した分類へ変更したり、セキュリティ分類の変更にあわせてワークフローを開始したりといったことができるようになるという。

“分類の適用”が設定可能に(出典:Box Japan) “分類の適用”が設定可能に(出典:Box Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

 Box Japanで執行役員 ソリューションエンジニアリング部 部長を務める西秀夫氏は、業務改革向けのBox RelayにBox Shieldのセキュリティを適用することで「業務とセキュリティが両立できる」と説明。

西氏
西氏

 例えば、特定のファイルやフォルダがBoxにアップロードされた瞬間に、分類ラベルに基づき「機密」に変更。招待者のみへのリンク共有、ダウンロード禁止のファイルとして設定するなどができるという。

 分類ラベルはBox上に表示するため、組織が推奨、規定する水準をすべてのユーザーが認識可能。セキュリティを直接ビジネスプロセスに組み込み、組織全体のコンテンツのセキュリティレベルを体系的に自動分類、セキュリティポリシーの適用拡大ができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]