編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

東京都、AI-OCRと音声認識で業務をデジタル化--みずほ情報総研らと実証

ZDNet Japan Staff

2020-02-17 15:56

 東京都は、職員の業務効率化に向けたAI(人工知能)活用の効果検証を実施する。みずほ情報総研が受託し、AI技術の活用効果や本格的な導入に向けた課題をまとめる。実証期間は2020年1~3月を予定。日立製作所、日立システムズ、AI insideも参加する。

 都庁では業務改革の一環として、2019年度からRPA(ロボティックプロセスオートメーション)やAIといったツールを活用した業務のデジタル化を進め、行政手続きなどにおける都民・事業者の利便性向上を図っている。

 今回は、バックオフィス業務のデジタル化に向けて、手書き文字のデータ化と音声データの文字起こしによる効率化・省力化が可能な業務の見極めと効果検証を行う。具体的には、AI-OCR(AI技術を組み合わせた光学文字認識)の導入による帳票のデータ化と、音声認識技術の活用による議事録の作成による作業時間の短縮・削減効果を検証。その上で、本格的な導入に向けた課題を整理する。

 また、総合行政ネットワーク(LGWAN)に接続する業務システム環境からクラウドサービスとして提供されるAI-OCR、音声認識技術を安全に利用するための環境も構築する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]