編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

エンジニア向けVDIにオールフラッシュストレージ--遅延を20分の1に

藤代格 (編集部)

2020-02-19 07:15

 海外で10の拠点を展開、プラント、施設などの設計、調達、建設を事業とする日揮グローバル(横浜市西区)は、社内のストレージ環境刷新プロジェクトでピュア・ストレージ・ジャパン(ピュア・ストレージ、千代田区)のオールフラッシュアレイ「FlashArray//X」を採用。ストレージ容量を最大約1/18に削減、最新環境が維持できる体制を構築したという。2月18日、ピュア・ストレージと提供したネットワールド(千代田区)が発表した。

FlashArray//Xシリーズ(出典:ネットワールド)
FlashArray//Xシリーズ(出典:ネットワールド)

 一つのプロジェクトに100社以上が関連し、プロジェクトや部門ごとで活用するソフトウェア、バージョンが異なることも多いという。高度なプロジェクトマネジメント力が必要で、高性能かつ大容量のストレージが求められるとしている。

 2013年、効率化のためエンジニアへ提供する設計用ワークステーションをエンジニア向け仮想環境「エンジニアリング仮想デスクトップ(Engineering VDI:eVDI)」へ切り替え。基盤にハードディスク(HDD)ベースのストレージを活用していたという。

 同社の設計業務では、プロジェクトや部門ごとに使用するCADのソフトウェアやバージョンが異なるという。世界各国の設計拠点に迅速に環境を提供するため、“プロジェクト×部門×ソフトウェア”をいろいろな形で組み合わせたプールとしてeVDIに準備する必要がある。

 HDDストレージをベースにしていた従来の環境は、VDIイメージの展開作業などに多くの時間がかかっていた。またアクセスが集中する朝は、ブートストームが発生するとともに、レスポンスや計算処理のスピードを上げるために高性能で大容量のストレージが必要とされていた。

 FlashArray//Xシリーズのうち、最大実効容量650TBの「//X50 R2」を採用。平均約10~20ミリ秒程度だった旧ストレージ環境のレイテンシが1ミリ秒以内となるなど、約10~20倍に性能が向上。クライアント約500台分のスナップショットはほぼ一瞬で完了するという。

FlashArray//Xシリーズラインナップ(出典:ネットワールド)
FlashArray//Xシリーズラインナップ(出典:ネットワールド)

 FlashArrayシリーズ専用のクラウドベースの管理ツール「Pure1」を活用でき、運用管理を効率化。問題発生時にはアラート、通知をスマートフォン、タブレットでも確認できると説明。移動中や外出時でも迅速に対応できるという。ソフトウェアを常時最新環境にアップデートするサポートプログラム「Evergreen Storage」、ネットワールドの保守サービス「Pure Storage インストレーション」なども評価。面倒な手間を掛けずに定期的に最新のコントローラーへ交換可能。常に最新環境が維持できるという。

 FlashArrayシリーズのインライン圧縮、重複排除機能により、データ容量を最大約18分の1に削減。リソースにかなり余裕があるため、社内で稼働するストレージを統合するための基盤としても活用するとしている。

システム構成イメージ(出典:ピュア・ストレージ)
システム構成イメージ(出典:ピュア・ストレージ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]