編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
日本株展望

米国株は割高?--「MAGA相場」とNT倍率の関係

ZDNet Japan Staff

2020-02-21 10:49

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. NT倍率が30年ぶり高水準に上昇した理由
  2. トランプ大統領が名付けた「MAGA相場」
  3. 高値を更新する米国株式は「もう割高」なのか
  4. 債券と比べると米国株は割高とは言いにくい

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

NT倍率が30年ぶり高水準に上昇した理由

 新型肺炎を巡る不安を横目に、米国株高と為替の円安で日経平均株価に底堅さが目立つ。一方で、国内株式動向を広く示すTOPIX(東証株価指数)は比較的低調だ。

 図表1の「NT倍率」は、日経平均をTOPIXで割った指標で「日経平均のTOPIXに対する優劣」を示す。NT倍率は今週14倍に上昇し30年ぶりの高水準となった(19日)。日経平均は株価単純平均(調整後)指数で「値がさ株」(株価が高い銘柄)の影響を受けやすく、TOPIXは時価総額加重平均指数で「時価総額が大きい株」の影響を受けやすい特徴がある。

 日経平均が極端に優勢である理由としては、(1)内外投資家の物色が一部の「値がさ優良株」に集中している、(2)米国株高を受けたリスク選好姿勢で海外投資家が日経平均先物を買っている、(3)内外投資家は日本株全体に強気ではないからなどとされる。

 図表2は、日経平均を構成するウエイト上位10銘柄の「年初来騰落率」と「1年前比騰落率」を一覧にしたものだ。10銘柄の平均騰落率が日経平均やTOPIXをリードしていることが分かる。貢献度の大きい銘柄には、情報・通信、電気機器、半導体関連などデジタル革命の恩恵を受ける銘柄が目立つ。

 米国市場で大手IT関連株が株式堅調を主導している状況を追従する動きとも言える。逆に言えば、短期にせよ米国株が反落し、海外投資家がリスク回避に転じると、先物売り主導でNT倍率が低下する可能性に注意が必要だ。

図表1:「NT倍率」は最近30年における最高に到達

出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(1989/1/1-2020/2/19)
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(1989/1/1-2020/2/19)

図表2:「底堅い日経平均」をリードする銘柄群は?

出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2020/2/19)
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2020/2/19)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]