編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Red Hat OpenStack Platform 16」がリリース--多数の機能を強化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-21 11:28

 SUSEはIaaSのクラウドである「OpenStack」に見切りをつけたが、Red Hatはその限りではない。同社は米国時間2月20日、OpenStackディストリビューションの最新バージョン「Red Hat OpenStack Platform(RHOP)16」をリリースした。

 この新しいRHOPは、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8」上に構築されている。新版ではロングライフリリースの仕組みを改良し、包括的な機能統合を行っている。また今後はコミュニティーの革新成果を企業向け機能として、継続的に提供していくという。新版は、過去3つのOpenStackリリースの最も優れた機能を組み合わせ、Red Hat独自の機能強化を行っている。

 モジュール式の新しいRed Hat OpenStackは、既存の従来アプリケーションにおけるIT運用を最適化するのが狙い。しかし10年前のように、単にIaaSとしてクラウドストレージを提供しているのではない。ネットワーク機能仮想化(NFV)、エッジコンピューティング、人工知能(AI)、機械学習(ML)など、クラウドネイティブなアプリケーションの基盤として活用できる。

 これまでOpenStackは、あまりにも頻繁にバージョンが変わるため、OpenStack上で標準化するのが困難だとされてきた。RHOP 16は標準化しやすいよう、最長5年間サポートを受けられる。

 とはいえ、バージョンアップするまでOpenStackの最新機能を利用できないわけではない。Red Hatは新機能をRHOPに統合し、プラットフォームを大規模に更新せずとも、導入できるようにする。

 Red Hatのクラウドプラットフォーム担当バイスプレジデントのJoe Fernandes氏は、声明で次のように説明している。

 「Red Hat OpenStack Platform 16は、エンタープライズのIT部門の新リリースを導入する能力やニーズに合わせて、革新の歩調を刷新した。Red Hat Enterprise Linuxと足並みを揃え、企業がプラットフォームのバージョンを更新することなく、エッジコンピューティングやNFVといった一連の新機能の恩恵を受けられるようにした。このため組織は、それぞれの業務に最も理にかなったペースと規模で、革新が行える」

 新リリースは多数の新機能を用意しており、以下のようなものがある。

  • Cells v2を使ったマルチセル導入:「OpenStack Compute」はデフォルトでセルを活用する。大規模デプロイメントの場合、複数のセルを使い、各セルにComputeノードとデータベースを設定できる。
  • 単一ホストでピニングインスタンスとフローティングインスタンスのコロケーションが可能:ピニングCPUを持つインスタンスと、フローティングCPUを使用するインスタンスを、同じホスト上にスケジューリングできる。
  • オープン仮想ネットワーク(OVN)の内部API TLS/SSLに対応:RHOPはTLSを使い、内部APIトラフィックの暗号化に対応した。
  • IPv6上でOVNデプロイメント:Red Hat OpenStack Platformは、IPv6ネットワーク上でのOVNデプロイに対応する。

 また、RHOPをRed Hatの「Kubernetes」ベースのハイブリッドクラウドでも使用できる。これは「Red Hat OpenShift Container Platform」との顕密な連携によって実現している。Red Hatはその結果、「Red Hat OpenStack Platformで、従来のワークロードとクラウドネイティブなワークロードを自信を持ってデプロイできる」と約束している。

 有効なサブスクリプションを持つユーザーは20日より、「Red Hat Customer Portal」から入手できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]