編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

もっとも広く使われているOSSコンポーネントとその問題点は--Linux Foundationが調査

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-03-05 06:30

 Red Hatは最近、オープンソースソフトウェアがエンタープライズ市場の主流になっていることを示すレポートを発表した。オープンソースの活躍はそれだけにとどまらない。別の調査では、オープンソースソフトウェアが全ソフトウェアの80~90%で使われていることが明らかになっている。このことがあまり知られていないのは、使用されているオープンソースコンポーネントが、プログラムの中に深く埋もれていることが多いためだ。今回、The Linux Foundationの「Core Infrastructure Initiative」(CII)プロジェクトとハーバード大学イノベーション科学研究所(LISH)は、「Vulnerabilities in the Core, Preliminary Report and Census II of Open Source Software」と題したレポートで、もっともよく使われているコンポーネントと、それらのコンポーネントが共通して持っている脆弱性を明らかにしている。

 この「Census II」と呼ばれる調査は、この種のものとしては初めての大規模なものだが、分析結果はまだ最終的なものではない。この調査は、オープンソースソフトウェアの構造やセキュリティの複雑さを理解し、問題に対処する方法を提示するための重要な第一歩だ。このレポートでは、本番アプリケーションでもっとも一般的に使用されているFOSS(フリーソフトウェアおよびオープンソースソフトウェア)コンポーネントを特定し、潜在的な脆弱性について検討している。

 CIIとLISHは、この調査を行うにあたって、SnykSynopsys Cybersecurity Research Centerなどのソフトウェアコンポジション解析(SCA)の企業や、アプリケーションセキュリティ企業とパートナーシップを組んだ。分析では、非公開の利用状況データと公開されているデータセットを組み合わせることで、200以上のもっともよく使用されているオープンソースソフトウェアプロジェクトを特定している。

 このリストに挙がったソフトウェアは、普通の人が思い浮かべるであろうApacheやMySQL、Linuxなどではない。基盤にとって非常に重要な存在であるにも関わらず、実際にもっともよく使われているのは、構成要素となっている小規模なプログラムだ。

 これらのソフトウェアのサイズは小さく、コードの行数が100行未満のものさえあるが、これらは必要不可欠なものばかりだ。ハーバードビジネススクールの教授であり、Census IIプロジェクトの共同ディレクターを務めるFrank Nagle氏は、次のように述べている。

 「長い間、FOSSは趣味のエンジニアや日曜大工的なプログラマーのものだと考えられてきた。しかし今や、FOSSは現代の経済に不可欠な要素になっており、スマートフォンや自動車、IoT(モノのインターネット)、数多くの重要インフラなどの、日常的に利用される技術の基礎を構成している。どのコンポーネントがもっともよく使われており、どれがもっとも脆弱かを把握することは、エコシステムとデジタル経済の健全性を維持することにつながる」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]