編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

どこまで実現できるか--「Raspberry Pi」をデータセンターで活用

ZDNet Japan Staff

2020-02-24 08:00

 ARMはあらゆる種類のパーソナルコンピューティングで使用されるようになったが、データセンターにおいても将来性を示している。

 米ZDNetのJason Hiner記者は先頃、ARMベースの「Raspberry Pi」がコンピューティングの未来を象徴していると記事に書いた。データセンターにおいて、ARMは通常、センサやネットワーク端末のCPUという形で使われている。

 しかし、Raspberry Pi自体はどうだろうか。エンタープライズコンピューティングにおいて、Raspberry Piはどのような位置付けになるのだろうか。

(本記事は、TechRepublic Japanで2017年3月29日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]