編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

NEC、小売業界向け需要予測型自動発注システム提供--損失を25~40%減少

NO BUDGET

2020-02-25 13:35

 NECは小売業界向けに人工知能(AI)を活用した需要予測と、それに基づく自動発注システムの提供を開始した。同システムは先行して、リオン・ドール コーポレーション(リオン・ドール)が福島県を中心に展開しているスーパーマーケットに採用された。

 リオン・ドールでは同システムの導入に先立ち、複数店舗において予測モデルを用いた3カ月間のシミュレーションを実施。人手による発注実績と比較した結果、対象製品の欠品日数が6.5%改善、ロス金額が25〜40%減少したと確認した。

 小売業界は人手不足や食品ロスなどの課題を抱えており、ITを活用した業務変革が求められているとNECは説明する。同社はAI需要予測システム「DCMSTORE-DF」と、それを用いた需要予測型自動発注システム「DCMSTORE-EOB」を開発し、これら2つの課題解決に取り組んでいく。需要予測型自動発注システムは、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つ「異種混合学習」も活用しており、天候や曜日、過去実績などのデータを基に客数と販売数を予測。牛乳や練り物など日持ちしない日配品の販売数を予測して適正量を自動発注することで、発注業務の効率化や欠品・ロスの防止につなげる

需要予測型自動発注システムの概要(出典:NEC)
需要予測型自動発注システムの概要(出典:NEC)

 今回用いられる異種混合学習は、多種多様なデータから複数の規則性を自動で発見し、その規則を基に予測を行う。店舗や商品ごとに規則性を自動で検出することで、精度の高い自動発注が可能になるという。また予測結果の根拠まで説明可能なホワイトボックス型AIであるため、複雑な分析においても解釈性の高い予測結果を得られるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]