編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Intuit、Credit Karmaを約7900億円で買収へ--個人向け財務サービスの強化を狙う

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-25 12:06

 Intuitは米国時間2月24日、競合企業であるCredit Karmaを71億ドル(約7900億円)で買収すると発表した。2007年に創業したCredit Karmaの主要サービスは、クレジットレポートデータを活用し、顧客が自らのクレジットスコアを理解、追跡、改善するうえでの支援を提供するというものだ。

Credit Karma

 Credit Karmaは信用情報のシミュレーションで人気を集めてきており、米国内で約1億人の登録ユーザーを抱えていると発表している一方、ここ数年は個人向け財務サービス企業への転換を図ってきている。同社は2019年の後半に、個人の財務状況に適切な商品をあつらえるという「Stories」という機械学習(ML)ベースのサービスのテストを開始した。これはIntuitが2017年に「Turbo」をローンチして以来、注力してきている分野だ。

 Intuitのこういった動きの背景を考えた場合、Credit Karmaの買収は納得できるものだ。両社はパーソナライズされた財務サービスに軸足を置いており、対象を徹底的に絞り込んだリコメンデーションに向けた技術インフラの構築に向かってまい進している。

 この買収により、Intuitは「パーソナライズされた財務アシスタントのように機能する、消費者向け財務プラットフォーム」を提供する計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]