編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
調査

国内SIEM市場、2019年度は前年度比27.0%増--ITR予測

NO BUDGET

2020-02-28 10:51

 ITRは2月27日、国内のSIEM(セキュリティ情報イベント管理)市場規模の推移と予測を発表した。

 これによると、同市場の2018年度の売上金額は57億円、前年度比16.3%増だった。SIEMは近年、IT運用の自動化ツールとしてシステムの障害予兆・検知など新たな需要も発生しており、2019年度は同27.0%増が見込まれ、2018〜2023年度の年平均成長率(CAGR)は12.6%と予測されるという。

2017~2023年度のSIEM市場規模の推移と予測(出典:ITR)
2017~2023年度のSIEM市場規模の推移と予測(出典:ITR)

 ITRでは、標的型攻撃のような高度で複雑なサイバー攻撃を検知するためには、対象サーバーのみの監視だけでなく、社内ネットワーク上のさまざまな挙動を把握し、少しでも異常な振る舞いがあれば検知できるようにしておくことが重要だと指摘。その上で、SIEMはネットワーク機器やセキュリティ機器も含め、ログを収集し、その相関関係を分析することができるので、有効性が高いとしている。

 また、SIEMを効率良く活用するには、想定される攻撃シナリオに沿って取得すべきログを複数特定し、相関関係をあらかじめ理解しておくことが必要であり、そのためには事前の設計が重要だとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]