編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

国内CASB市場、前年度比93%増--ガバナンス強化やシャドーIT対策で急拡大

藤代格 (編集部)

2020-03-04 07:15

 アイ・ティ・アール(ITR)は3月3日、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場予測を発表した。2018年度の売上金額は前年度比76.9%増の11億5000万円。クラウドサービス利用企業の増加に伴い、可視化、ガバナンスやシャドーIT対策、企業が許可する“サンクションIT”の管理などを目的に導入が急拡大しているという。

 CASBは、ユーザー企業と複数のパブリッククラウドサービスの間で単一のコントロールポイントを設定し、各サービスの安全性の確認、利用状況の可視化、保護や制御などを提供する製品やサービス。

 データの暗号化、認証強化、情報漏洩対策など、安全にクラウドサービスを利用できるソリューションとしての需要が増加。参入ベンダーも増え、2019年度の売上金額を93.0%増と予測。“非常に高く伸びる”としていた前年度の予測をさらに上方修正している。

 ITR コンサルティング・フェローの藤俊満氏は、「社内システムのクラウド環境への移行、クラウドサービスへの切り替えに伴い、クラウド利用が急激に増加している。クラウドサービスは安価かつ簡単に利用できる一方、シャドーIT対策やサンクションITのコントロールが必要。CASBは、次世代セキュリティ対策の中心となるサービスであり、今後も市場は拡大していく」とコメントしている。

2017~2023年度のCASB市場規模推移および予測(出典:ITR)
2017~2023年度のCASB市場規模推移および予測(出典:ITR)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]