マイクロソフト、MVP Global Summit 2020をオンラインの仮想イベントとして実施へ--新型コロナで

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-03 12:07

 Microsoftは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への懸念から、数週間後に控えた年次カンファレンス「Most Valuable Professional(MVP)Global Sumit 2020」をオンラインのみのバーチャル(仮想)カンファレンスとして開催すると発表した。これまでにも、各社のイベントやカンファレンスが複数中止となっている。

 Microsoftは米国時間3月2日より、イベントをバーチャルカンファレンスとするとの通知を開始した。MVP Global Summitは、アクティブに活動するMicrosoft MVPを対象に、技術セッションやフィードバックセッションなどが実施され、複数日に渡って行われるイベントだ。2020年はワシントン州のベルビューとレドモンドで3月15〜20日に開催される予定だった。

 またMicrosoftは、COVID-19の影響で開発者向け年次カンファレンス「Build 2020」を中止するかどうかについてはまだ発表していない。Build 2020は5月19〜21日に開催される予定だ。

 新型コロナウイルスはグローバルなサプライチェーンや消費者の需要に影響しているようだ。Microsoftは先週、中国などのサプライチェーンが「通常通りの運用に戻るペースが予想していたよりも遅くなっている」ため、「Windows」のOEMと「Surface」にマイナスの影響が及び、More Personal Computing部門の売上高ガイダンスを達成できない見込みだとしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]