三井住友信託、「おひとりさま信託」のエンディングノートをデジタル化

ZDNET Japan Staff

2020-03-18 09:34

 三井住友信託銀行は2019年12月、万一の時の身の回りのこと、いわゆる死後事務をトーナルサポートするサービス「おひとりさま信託」の取り扱いを始めた。死後事務に関する希望を「エンディングノート」に記録しておき、あらかじめ自身の意思表示をしておくことができる。

 エンディングノートは、死後事務委任契約の目録となるため、長期にわたり保管が可能なこと、ユーザーの希望や環境の変化に応じていつでも柔軟に見直しができること、セキュリティ面でも安全・確実に預かれることが重要になる。そこで、セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Community Cloud」と「同 Financial Services Cloud」を組み合わせ、エンディングノートのデジタル化を実現した。日本IBMがコンサルティングから要件定義、システム構築に至るまで統合的に支援した。

 今回構築したシステムによって、スマートフォンや自宅のPCからマイページにログインすることで、いつでもエンディングノートを確認でき、契約後も環境や気持ちの変化に応じて、いつでも簡単に見直しできるようになっている。また、携帯電話端末にSMS(ショートメッセージ)を送って安否を確認でき、確認頻度は年齢や健康状態、住まいの状況に応じ、いつでも希望のタイミングに変更できる。紙のエンディングノートと比べて紛失のおそれがなく、セキュリティを確保して安全に情報を預かることができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]