編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

NTTドコモ、商用5Gサービスを3月25日に開始--法人向け施策も発表

ZDNet Japan Staff

2020-03-18 12:31

 NTTドコモは3月18日、商用5G(第5世代移動体通信)サービスを25日に開始すると発表した。法人向けにも多数の新施策を開始する。

 5Gサービスの提供エリアは、3月末に全国150カ所、6月末に全都道府県で導入し、2021年3月末には全政令指定都市や500都市以上に導入先を広げる計画。データ転送容量は3月時点で受信時が最大3.4Gbps、送信時が同182Mbps、6月以降は受信時が同4.1Gbps、送信時が同480Mbpsに増強される予定となっている。

 個人向けには3種類の料金プラン「5Gギガホ」「5Gギガライト」「5Gデータプラス」を提供し、通信データ量が月間100GBまでの5Gギガホの利用料は月額7650円(各種割引適用前)になる。5G対応端末ではスマートフォン6機種とWi-Fiルーター1機種を順次発売する。

 法人向けには、5Gを含む通信ネットワークのエリア調査、構築設計、導入支援までを支援する「ネットワークカスタマイゼーション」サービス、クラウド基盤サービスの「ドコモオープンイノベーションクラウド」、端末とクラウド基盤間の通信経路を最適化する「クラウドダイレクト」を25日から順次提供する。

 また、複数企業との協業で開発する5Gを用いた22種類のソリューションサービスも発表。25日にソリューションサービスの利用の受け付けを開始する。

NTTドコモと協業各社による5G関連ソリューションメニュー
NTTドコモと協業各社による5G関連ソリューションメニュー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]