編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

国内電通グループ11社、「Dentsu Commerce Room」を発足--購買の最大化へ

大場みのり (編集部)

2020-03-18 15:57

 電通と国内電通グループ10社は「Dentsu Commerce Room」を発足し、デュアルファネル(新規顧客の獲得と既存顧客の育成)を包括的に支援するコマースソリューションの提供を開始した。電通が3月18日に発表した。コマースソリューションとは、オンラインやオフラインに関わらず、ITを活用して消費者の買い物体験を最適化するマーケティング活動を指す。

 Dentsu Commerce Room発足の背景について、電通は「消費者の買い物体験を基点とし、広告から売り場への誘導、商品購入者の再購入促進まで、オンラインとオフラインを融合して購買を最大化するサービスのニーズが高まっている」と説明する。

 同組織では、各社が培ってきたソリューションを組み合わせ、顧客体験(CX)をプランニング・実施することで、顧客企業の売り上げ向上を目指す。また、オンラインとオフラインを横断して収集したデータを「People Driven DMP」で統合・分析し、クリエイティブチームと連携することで、より良いCXをデザインしていくという。People Driven DMPとは、ウェブサイト上の行動データや、テレビの視聴ログデータ、購買データ、位置情報データなどを人基点で活用できる基盤。

 Dentsu Commerce Roomが提供するコマースソリューションには、グローバル100社以上のデータを基に12の観点からコマース領域の現状を評価するフレームワークや、OMO(Online Merges with Offline: オンラインとオフラインの融合)施策の設計・実施、BOPIS(Buy Online Pick-up in Store:オンラインで購入し、店舗で受け取る)のシステム構築・CXデザインなどがある。

 同組織を構成する11社は、電通、電通デジタル、電通テック、電通ダイレクトマーケティング、電通リテールマーケティング、電通tempo、アイプロスペクト・ジャパン、電通アイソバー、セプテーニ、電通九州、電通東日本。参加企業は今後も増える予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]