編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、「.NET 5」のプレビュー版を公開--クロスプラットフォーム開発を強化

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-18 13:58

 Microsoftは、最初の開発者向けプレビュー版「.NET 5」をリリースした。.NET 5は、11月に一般提供の開始が予定されている.NETファミリーの次のメジャーリリースで、「Windows 10」や「iOS」「Android」デバイスに対応したネイティブアプリを開発できる。

 .NET 5のプレビュー版は、2019年後半にリリースされた.NET Core 3.0と3.1をベースにしている。Microsoftによれば、.NET Core 3は.NETとしては過去最高のペースで開発者に採用されており、この1年で100万人のユーザーを獲得したという。

 .NET 5のリリースが重要なのは、モバイルアプリ開発プラットフォームである「Xamarin」が統合され、デスクトップとモバイルの各.NET開発フレームワークが1つになるためだ。

 .NET Core 3では、デスクトップアプリ開発のための「Windows Forms」と「Windows Presentation Foundation(WPF)」、ARM64のサポート、ウェブアプリを構築するための「Blazor」、データセンターのサービスを結び付けるRPCフレームワークである「gRPC」が導入された。

 .NET 5は、「ASP.NET Core」「Entity Framework Core」、Windows Forms、WPF、Xamarin、ML.NETを含んだものになる。

 Microsoftで.NETプラットフォーム担当プログラムマネジメントディレクターのScott Hunter氏は、「全ての新しいアプリケーションは、まずは.NET Coreで、その後は.NET 5で構築されるべきだ」と明確に述べている

 今回のプレビュー版には、ARM64と.NET Coreランタイムのサポートが含まれており、次回のプレビュー版ではASP.NET CoreのSDKが追加される予定だが、WPFやWindows Formsが追加されるのはそれ以降のプレビュー版になる。

 .NETのゴールは、Xamarinを.NET Coreのベースクラスライブラリ(BCL)に統合して、全ての.NET 5アプリケーションで使える共通のBCLを持つ、統一的な.NET SDKを作ることだ。Xamarinは.NET 5に統合されるため、.NET SDKではモバイルもサポートされる。

 また、ネイティブアプリケーションで、Windowsデスクトップ、「Microsoft Duo」(Android)、iOSなどの複数のプラットフォームをサポートできるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]