編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
日本株展望

急落したJ-REITが急反発--平均分配金利回り5%、「買い場」と判断 - (page 4)

ZDNet Japan Staff

2020-03-25 10:47

REITにはさまざまな種類がある

 REITにはさまざまな種類がある。もともとは不動産に投資するファンドだったが、近年は利回りが稼げるさまざまなものに投資されている。純粋な不動産投資と言えないものも増えている。代表的な種類とファンドは以下の通りだ。

<REIT種別と代表的ファンド、分配金利回りは3月24日時点の会社予想ベース>

出所:分配金利回りは3月24日時点の1口当たり分配金(会社予想)から計算。新型コロナの影響によって、今後、下方修正になることもある
出所:分配金利回りは3月24日時点の1口当たり分配金(会社予想)から計算。新型コロナの影響によって、今後、下方修正になることもある

 この表を見る際に1つ重要な注意事項がある。分配金利回りはあくまでも3月24日時点の会社予想ベースということである。これにはまだ新型コロナウイルスによる業績への悪影響が反映されていない。

 今後、新型コロナの影響による業績落ち込みで、分配金を引き下げるファンドが増える可能性がある。特にホテル・リゾート施設に投資するREIT、インヴィンシブル投資法人とジャパン・ホテル・リート投資法人は新型コロナによるダメージが大きく、分配金が引き下げられるのはほぼ確実と考えている。

 従って、分配金が引き下げられる前の分配金利回りが11~14%に達しているが、信頼性が低いと考える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]