編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アップル、プログラミング言語「Swift 5.2」リリース--「Xcode 11.4」も

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-03-26 13:58

 Appleは、「Mac」「iPad」「iPhone」「Apple Watch」「Apple TV」向けアプリの開発に広く用いられているプログラミング言語「Swift」のバージョン5.2をリリースした。

 Appleによるオープンソースの「Swift 5.2」のほか、最新バージョンの統合開発環境(IDE)である「Xcode 11.4」も米国時間3月24日にリリースされた。Swift 5.2は、2019年9月にリリースされた「Swift 5.1」と同年3月にリリースされた「Swift 5」からさらに機能が向上している。

 Xcode 11.4により、開発者は「macOS」アプリを「iOS」の同じアプリと一緒に「ユニバーサル購入」として配信できるようになる。開発者がこれを導入すれば、ユーザーはアプリ内購入でも、1回購入すれば、「macOS」「iOS」「iPadOS」「watchOS」「tvOS」を搭載したデバイスで利用できるようになる。

 macOSがユニバーサル購入に対応したことで、「Mac Catalyst」を利用してアプリを開発する開発者が増えるかもしれない。Mac Catalystは、既存のiPadOS用アプリをベースにmacOS用アプリの開発を容易にできるようにするプラットフォームだ。Xcode 11.4で開発された新しいMac Catalystアプリでは、ユニバーサル購入がデフォルトで有効になっている。

 SwiftコアチームのメンバーであるTed Kremenek氏によると、Swift 5.2はコンパイラーによる診断が「劇的に」改善されるとともに、エラーメッセージの質が向上し、エラー箇所をより正確に指し示せるようになるという。

 また、コード補完の高速化や、デバッグ時の信頼性向上、「Swift Package Manager」による依存性まわりの処理の改善、「Language Server Protocol」(LSP)や「SwiftSyntax」といったツールの強化も図られている。

 Kremenek氏によると、Swift 5.2のコード補完機能は大きなファイルで比較した場合、「Xcode 11.3.1」よりも1.2~1.6倍高速になっているという。

 Swift 5.1では、分かりにくいエラーメッセージが表示される場合もあるという問題が指摘されていた。Swift 5.2のコンパイラーの新たな診断エンジンでは、この問題への対処がなされ、修正の必要があるコード片をより正確に指し示せるようになっている。

 さらに、Swiftプロジェクトのデバッグ時に使用する、インクリメンタルビルドを行う「Xcode」の「Incremental」モードについてもさらなる高速化が約束されている。

 Kremenek氏は、Swift 5.2のコンパイラー動作に対するパフォーマンス最適化によって、リリースビルドを構築する際に用いられる、Xcodeの「Whole Module」モードも高速化されるだろうと述べている。

 また、Swift 5.2に搭載されているSwift Package Managerでは、パッケージの依存関係を解決する能力が向上している。これにより、バージョン間の依存関係のコンフリクトが発生する可能性を減らし、エラーメッセージの質を高めるとともに、パッケージ依存グラフが複雑な場合でもより優れたパフォーマンスを実現している。

 さらに、SwiftとCベースの言語向けのLSP実装である「SourceKit-LSP」もアップデートされている。LSPはMicrosoftによって開発されたプロトコルだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]