編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

NECグループ会社、センサーデータ可視化サービスを4月から--温度や湿度を計測

藤代格 (編集部)

2020-03-27 06:45

 NECグループでシステムインテグレーター(SIer)のNECソリューションイノベータ(江東区)は3月26日、「NEC IoT センサデータ可視化サービス」を発表した。4月1日から提供する。

 インフォコーパス(目黒区)が開発、提供するIoTサービス基盤「SensorCorpus」を採用し、生産現場の温度、湿度といった各種センサーの目視確認、紙媒体への記録という業務を正確、リアルタイムに効率化するという。

 SensorCorpusは、多種多様なセンサーデータを正確で効率に収集、蓄積し、可視化、リアルタイム加工演算処理、状態に応じた通知、制御などができるクラウドサービス。

 CSVファイルなどでのエクスポート、エッジとなるサーバー、オンプレミス環境への導入も可能。スモールスタートなどの柔軟な要求に対応できる、“水平型プラットフォーム”と説明している。

 NEC IoT センサデータ可視化サービスでは、SensorCorpus1ライセンスのほか、温度、湿度、気圧、紫外線、加速度、照度、地磁気が計測できるマルチセンサー1台、電流センサー1台、エッジとなるゲートウェイ1台をまとめて提供する。生産ラインの設備変更やネットワーク等の現場環境を変更不要で、手軽な導入を支援するという。

 収集したセンサーデータはPC閲覧に適した4種類のダッシュボードで可視化。特定のデータのみ拡大、タブレットやスマートフォンに適した表示など、目的に合わせた画面変更もできるとしている。

 1セットあたりの税別月額利用料は3万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]