編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

企業向け「Dropbox」巻き戻し可能に、同時編集防止も--管理画面も刷新

藤代格 (編集部)

2020-03-30 07:15

 Dropbox Japan(千代田区)は3月26日、開発、提供するクラウドストレージサービス「Dropbox」の企業向け「Dropbox Business」のアップデートを発表した。整理整頓やIT部門の管理を促進する機能を強化。シンプルな管理、業務効率化を提供するという。

ファイルロック機能イメージ(出典:Dropbox Japan) ファイルロック機能イメージ(出典:Dropbox Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

 共有フォルダ内ファイルの編集時、ほかのユーザーからの同時編集を防ぐ「ファイルロック」を新たに追加。

 また、ファイル、フォルダの更新を表示される名前、場所、更新日といった関係情報に限定、PCのハードディスクドライブ(HDD)容量を節約可能な「オンラインのみ」に設定できる「スマートシンク」では、数カ月アクセスがないファイルの自動検出を可能にしている。

 個人向けプランの「Plus」「Professional」で活用できる「巻き戻し」機能は、Dropbox Businessのチームでも活用可能になった。管理者はチームのフォルダ、アカウント全体などの全てコンテンツを180日以上前に戻せるという。誤ってデータを削除した場合などの復旧業務がなくなり、短時間で通常業務に戻れるとしている。

巻き戻し機能イメージ(出典:Dropbox Japan) 巻き戻し機能イメージ(出典:Dropbox Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

 Dropbox Businessの管理コンソールにある「インサイトダッシュボード」を刷新。チームのストレージ利用状況、外部ドメインとの共有頻度、各ライセンスの利用状況などの重要度が高いユーザーアクティビティを目立つよう配置したという。IT部門はより効果的、即座に必要な対応ができるとしている。

インサイトダッシュボードイメージ(出典:Dropbox Japan) インサイトダッシュボードイメージ(出典:Dropbox Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]