NTT Com、新入社員研修をオンラインで開催--企業向け「schoolTakt」を活用

NO BUDGET

2020-03-30 14:19

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は新型コロナウイルスの拡大防止のため、グループ会社であるコードタクトの授業支援ツール「schoolTakt」の企業向けサービスを活用し、自社の2020年度新入社員研修をオンラインで実施する。また、4月1日に予定されているNTT Comの入社式もオンラインで開催する。

 schoolTaktは、タブレット端末やスマートフォン、PCなどデバイスフリーで利用できる授業支援システム。プリセットされている教材のほか、手持ちのPDF教材・写真をアップロードして授業に活用することができる。これにより、生徒の学習状況をリアルタイムに把握することや、生徒同士の解答を共有して学び合う学習環境を構築することが可能になるという。

オンライン研修のイメージ(出典:NTT Com、コードタクト)
オンライン研修のイメージ(出典:NTT Com、コードタクト)

 schoolTaktの企業向けサービスは「学習する組織」を支援する。既に10社以上で会議・定期報告・日報・研修などに利用されており、状況の視覚的把握やナレッジマネジメントの推進、成果を上げている従業員の行動分析などを通して、相互に学習する組織になることを支援するという。

 NTT Comは全社的にテレワークを推進しており、3月中旬時点で6割以上の従業員が在宅勤務をしている。今回の研修は4月1~17日に実施され、内容は社内外講師の講話や各種グループワーク、成果発表会などを予定している。

 NTT Comとコードタクトは今後、企業における社員育成やナレッジの共有、コミュニケーション円滑化などの働き方改革や「まなび方改革」を推進していく。そして、多拠点をつないだ遠隔双方向研修のプログラムを充実させるなど、schoolTaktの企業向けサービスにおける機能を拡充させていくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]