編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

Wordが日本語の音声入力に対応--「Office 365」更新動向【2003版】

阿久津良和

2020-03-31 06:45

 Microsoftが米国時間3月25日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2003(ビルド 12624.20320)へ更新したWindowsデスクトップ版は、すべての製品で秘密度ラベルを適用できるようになった。

 Office 365で作成したファイルはPCに限らず、モバイルや他のアプリケーションから参照する場面が多く、必然的に企業のコンプライアンスにそぐわないケースが多い。

 秘密度ラベル自体は目新しい機能ではなく、Azure Information Protectionの運用が必要だったものの、今後は現在プライベートプレビュープログラム実施中のMicrosoft Information Protectionで管理、運用することになる。秘密度ラベルを使用するには、Microsoft 365 E3以上やOffice 365 E3以上、Azure Information Protection Premium P1以上のライセンスが必要だ。

 Wordは、共同編集機能の改善で他者が変更した部分の反映が素早くなり、Outlookは個人用メールをグループメールにドラッグ&ドロップ機能をサポートしている。現在は1スレッドもしくは100メールという制限があり、対象となるメールの送信者、受信者がグループメール非メンバーの場合はドラッグ&ドロップ処理を実行できないが、これは仕様だ。同機能はWindowsデスクトップ版とウェブ版がサポートする。

 また、Outlookはユーザー登録が必要な無線LANアクセスポイント「キャプティブWi-Fiネットワーク」の検出に対応。具体的な動作は未確認だが、接続時にウェブブラウザが起動するのではなく、Outlook内でサインイン処理が可能になると推測される。

 Windowsデスクトップ版の新機能は以上だが、ExcelやMPowerPoint、Outlook、Projectはバグフィックスが加わっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]