編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF
調査

法人向け5G市場は推進派と静観派に二分--IDCが見解

大河原克行

2020-03-30 11:45

 IT専門調査会社のIDC Japanは3月30日、法人向け5G(第5世代移動体通信システム)関連IT市場の予測を発表した。これによると、2026年の国内の同市場は、1436億円の市場規模に達すると予測。2020~2026年の年間平均成長率は198%と、高い伸びになると見ている。

法人向け5G関連IT市場の予測(出典:IDC Japan)
法人向け5G関連IT市場の予測(出典:IDC Japan)

 だが、同日オンラインでの記者会見に登壇したリサーチマネージャーの小野陽子氏は、「現時点で5Gに対するITサプライヤーは、推進派と静観派に二分される。推進派は産業構造を変えたいと考えており、課題解決や研究開発の志向が強い。一方で静観派は、5Gならではの用途がないこと、電波の届く範囲に課題があること、コストが高いことを指摘している。これらの層は5Gのことを詳しく理解しているがゆえに、冷静に弱点を把握している」と見解を説明した。

 加えて、「5Gの普及拡大には、5Gサービスの提供エリアの早期拡大やコストの低廉化、自律運転や遠隔操作の安全性に関する法制度の整備など、企業が5Gを利用する環境が整う必要があり、2021年時点での立ち上がりは鈍く、やや時間を要すると予測される。産業5Gの正念場はこれから。DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展との相互作用で成長することになるだろう」との見方を示している。

5Gに対するITサプライヤーの反応は二分されるという(出典:IDC Japan)
5Gに対するITサプライヤーの反応は二分されるという(出典:IDC Japan)

 今回対象とする市場には、5Gの仕様を必要とし、5G活用を前提にしたIT(ネットワークを含む)システム構築のためのITインフラストラクチャーやソフトウェア、サービスに対するエンドユーザー支出を含めている。調査対象は、産業IoT機器の提供企業、産業IoT機器のユーザー企業、企業ネットワーク部門。なお、調査は2019年11月~2020年1月までを対象に実施しておリ、新型コロナウイルスの影響は反映されていない。

 現在、日本では5Gの商用サービスがスタートしており、企業などにおいては、個別に構築および運用ができる「ローカル5G」に対する関心が高まっているが、「多くの人の5Gに対するイメージは、高速大容量であるということ、ローカル5Gや高い周波数帯を利用していること、QoS(Quality of Service)保証やネットワークスライシングなどの認知度は低い」(小野氏)という。

 今回の調査では、企業への5Gの普及が無線LANや固定ブロードバンドといった既存のネットワークの置き換えではなく、新規のDX用途やスポット導入から始まることが明らかになったという。

 DXのユースケースでは、スタジアムなどのイベント会場や観光、ゲームといった没入感の高い新しい映像体験を提供するため新たに5Gを導入することが予想される。産業分野では、無線化による生産設備などのフレキシビリティーの向上、画像などによる設備の監視や予兆保全のほか、自動搬送車やロボット、ドローンなどの自律移動機器の活用、検査および点検、遠隔からの作業支援、3Dシミュレーションなどの現場のソリューションに対して、新規に5Gが導入されることが期待されるという。

 「5G関連ベンダーも、当初はコストの観点から、DX用途に5Gを提案していく計画にある。産業分野では人手不足や熟練者不足、作業員の安全確保、働き甲斐の維持、防犯、生産性向上や品質向上など、多くの企業現場に共通する課題の解決に5Gが利用されることになる」(小野氏)とした。

 5Gに積極的な投資が予測される産業分野として小野氏は、製造、運輸、建設、医療、メディアなどを挙げ、「人手不足などの課題に対して、革新的なソリューションの実現に取り組む分野での導入が進むことになる。中でも産業機器メーカーなど、製造業自身による5Gを活用した現場のDXや研究開発活動、それによって得た知見を自社製品と組み合わせて新たなソリューションとして販売する取り組みが、多くの企業に波及するだろう」と話す。

 5Gの最大のターゲットの一つは産業分野のIoTシステムであり、今後は産業分野で5Gネットワークを活用したさまざまなIoTアプリケーションが構築されることになるという。また、5Gは導入が容易であるため、「社会システム間の新たなデータ連携を促進すると考えられる」としている。

5Gと既存ネットワークとの利用意向(出典:IDC Japan)
5Gと既存ネットワークとの利用意向(出典:IDC Japan)

 同社では多変量解析をもとに、IoTに取り組む企業を「大量モビリティデバイス活用クラスター」「データ活用クラスター」「設備管理クラスター」「不活発クラスター」に分類している。この中で5Gに対して最も導入意向が高いのが、製造業などを中心とした「データ活用クラスター」であり、5G導入が最も早いのは、IoTなどの「大量モビリティデバイス活用クラスター」とした。

 また、ローカル5Gに対しては、44%の企業が「事業者がローカル5G網を所有しかつ運用し、自社はこれを利用する」という。また、同じ44%の企業は「自社がローカル5G網を所有し、運用も自社で行う」が占める結果となった。サービス型と自営型が同数だったが、ネットワークサービスとしては、サービス型が多い結果となっているのが特徴だ。小野氏は、「所有から利用への流れ、運用管理の必要性、スモールスタートなどが背景にある」とした。

 5Gの普及拡大に関しては、5Gサービスの提供エリアの早期拡大、5Gスタンドアロン構成の提供、コストの低廉化、デバイスやアプリケーションなどエコシステムの発展、自律運転や遠隔操作の安全性に関する法制度の整備など、企業にとっての5G利用環境が整う必要があり、やや時間を要すると予測。また、人工知能による画像認識などの技術の発展が5Gの利用にも影響するともした。

IDC Japan リサーチマネージャーの小野陽子氏
IDC Japan リサーチマネージャーの小野陽子氏

 「今後数年間にわたって、このような新しい技術と市場の成熟、法制度の整備が進むことで、5Gのユースケースの普及が加速するだろう」と小野氏は話す。

 さらに同社では、5Gの用途は新たな映像体験、現場の課題解決、社会システムの全体最適化の3つに集約されると定義している。小野氏は、「5Gは、まずはDXによって企業課題を解決するために導入される。そして、それらの取り組みは、サプライチェーンやMaaS(Mobility as a Service)、分散電源など、より広範な社会課題を解決する動きに広がるだろう。5Gは、データ社会の毛細血管のような役割を担う。そのためには、今後数年をかけて、QoSが担保された信頼できる無線ネットワークの進化する必要がある」と課題を示した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]