コスモ石油、調達管理SaaSで間接材の調達購買を効率化

ZDNET Japan Staff

2020-03-31 14:40

 コスモ石油は、間接資材の購買プロセスを効率化するため調達管理SaaS「SAP Ariba」を導入、2019年12月に稼働を開始した。SAPジャパンが3月31日に発表した。

 コスモ石油は、競争力を強化する対策の一つとして、間接資材の購買システムを効率化する取り組みを進めている。現行の業務プロセスを保ちつつも、戦略的な調達購買を実現するためのデータの可視化、サプライヤーやソーシング管理機能の強化、他拠点への拡張性、調達購買プロセスの標準化などを計画する。

 Aribaを導入することで、調達購買プロセスが標準化され、業務の属人化を排除することが可能になった。また、調達購買の承認業務を社外からでもできるようになったため、リモートワークも推進できるようになったという。

 今後は、蓄積されていくデータをもとに、コストやサプライヤー選定の適正化を進めていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]