編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

NTT Com、「テレワークPC」--端末や通信を一括提供、開封後10分でテレワーク

藤代格 (編集部)

2020-04-06 07:15

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com、千代田区)は4月3日、企業向け仮想プライベートネットワーク(VPN)サービス「Arcstar Universal Oneモバイル」に対応する「テレワークPC」の提供を開始した。PC端末と通信、セキュリティ対策をワンストップで提供する。

 第4世代移動通信システム(4G)「LTE Advanced」に対応した、NTTドコモのSIMカードを内蔵。モバイルキャリア網からインターネットを経由させずにArcstar Universal Oneモバイルに直接接続させるという。

提供イメージ(出典:NTT Com)
提供イメージ(出典:NTT Com)
VersaPro UltraLite タイプVB(出典:NTT Com)
VersaPro UltraLite タイプVB(出典:NTT Com)
Pro PA(出典:NTT Com)
Pro PA(出典:NTT Com)

 端末はNECの13.3型ワイドノートPC「VersaPro UltraLite タイプVB<VB-3>」、VAIOの2in1PC「Pro PA」から選択できる。

 指紋認証に加え、端末の製造番号とSIMの発信番号を紐付けるIMEI(International Mobile Equipment Identity)認証でSIMの差し替えを防止。Windowsのディスク全体を暗号化する「BitLocker」、ウイルス対策ソフト「Windows Defender」やソリッドステートドライブ(SSD)のパスワード格納などが可能なセキュリティチップ「Trusted Platform Module(TPM)2.0」などで情報漏えい、マルウェアなどを防ぐという。

 モバイル通信接続、セキュリティソフトなどのノウハウ、時間が必要な設定を完了した状態で提供。開封して約10分でテレワークを開始できるという。社内の業務システムを活用できる、強固なセキュリティ環境を提供するとしている。

 1回線あたりの利用料金は、NTT Comが加入者情報などを保有、管理してサービスを提供するフルMVNOサービス「TYPE Com」の場合、初期費用として3000円のネットワーク工事費と端末料金が必要。そのほか、容量に応じたSMS対応の通信費用が月額利用料金として発生する。例えば500MBコースの場合は税別620円、15GBコースの場合は4100円。

500MBコースの場合(出典:NTT Com)
500MBコースの場合(出典:NTT Com)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]