編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

損保ジャパン、自賠責保険の手続きをAIが自動受付

ZDNet Japan Staff

2020-04-06 13:05

 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は3月、自賠責保険のサポートデスクで人工知能(AI)を使用した自動音声対応を開始した。システム基盤には、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のコールセンター向け自動音声対応ソリューション「CTC-AICON」を活用した。

 損保ジャパンのコールセンターでは、保険の契約内容や手続きなどについて、数多くの問い合わせに対応している。混雑時に発生する待ち時間の短縮をはじめ、顧客への対応品質の向上に取り組んでおり、CTC-AICONの採用を決めた。

 CTC-AICONは、コールセンターでの問い合せ対応において、音声認識、意図理解、音声合成、呼分配などの各機能を提供する。コンタクトセンターの運用ツールとして画面ポップアップや履歴確認機能も備える。

 損保ジャパンでは、CTC-AICONを自賠責保険のサポートデスクに導入。顧客の発話内容からAIが用件を認識して、引っ越しに伴う登録住所の変更や、控除証明書の発行などの手続きを自動で受付する。2020年度内には、自賠責のサポートデスクでの年間約9万件の問い合せのうち、約30%の通話に対する自動応答を目指す。

自賠責保険のサポートデスクでの自動応答フロー(出典:CTC)
自賠責保険のサポートデスクでの自動応答フロー(出典:CTC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]