編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

NEC、2種類のHCIをリリース--Windows環境や中小企業の仮想化統合を推進

ZDNet Japan Staff

2020-04-15 11:00

 NECは4月15日、Windows環境の長期運用や中小企業でのITシステムの仮想化統合を支援する2種類のハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)の新製品「NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI」と「同Azure Stack HCI 2 ノードエントリ HCI モデル」を発表した。

 NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCIは、オンプレミス環境で稼働する仮想化システムの統合やハイブリッドクラウド環境を速やかに構築できるようにした事前検証済みモデルのNEC Hyper Converged Systemと、MicrosoftのAzure Stack HCIを組み合わせて提供する。

NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI スタンダードモデル
NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI スタンダードモデル

 同社では、Windowsベースのシステムを仮想化環境やハイブリッド環境で長期的に運用していくユーザーを対象にしている。

 短期での環境構築に加え、NECのノウハウを生かした運用や保守のサービスも利用できることで、ユーザーの業務負荷を低減できるとする。併せて仮想化システムの電源管理に必要なUPS(無停止電源装置)の導入を支援する「UPS構築サービス」も新たに提供する。製品には、Windows Server 2019 Datacenterエディションのライセンスも含まれ、一般的なHCI製品に比べてソフトウェアの導入コストを約4割低減できるとしている。

 同社では、新しい運用管理ツール「Windows Admin Center」と専用のサーバーの拡張機能「NEC ESMPRO Extension for Windows Admin Center」も提供し、HCI環境の運用負荷の軽減を図る。これらツールの操作手順を解説した独自の運用ガイドも提供する。サポートでは、Azure Stack HCIのディスク保守作業時に、作業員がディスク交換前後の操作を代行するメニューも用意する。

 販売価格は、1U・1ノードのスタンダートモデルが760万円から、2U・1ノードの大容量モデルが826万9400円から。いずれも4月15日に出荷を開始する。

 また、Azure Stack HCI 2 ノードエントリ HCI モデルは、小規模な仮想化環境の統合を低コストに行えるよう2台のクラスターノードと、Windows Serverのライセンス、構築や運用などを支援するサービスを提供する。販売価格は298万円で、通常の構成製品を積み上げた場合の費用(約760万円)に比べて約61%安価という。5月末に出荷を開始するとしている。

NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI 2 ノードエントリ HCI モデル
NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI 2 ノードエントリ HCI モデル

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]