編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ファイルにセキュリティ付与する「Box」をテレワークで検討すべき理由の勘所 - (page 3)

阿久津良和

2020-04-17 06:45

 現在のBoxは「共有リンク」「コラボレータ招待」と2つの共有方法を用意している。共有リンクはBoxアカウント不要で有効期限やパスワードを付与することでセキュリティを担保。主にファイルを取引先に渡す、もしくは閲覧させる場合に使用する。

 コラボレータ招待はBoxアカウントを必要とし、「共同所有者」「編集者」「ビューアー/アップローダー」「プレビューアー/アップローダー」「ビューアー」「プレビューアー」「アップローダー」と7種類のアクセス権限レベルが設定可能。個別のファイルやフォルダー内のファイルに対する編集やダウンロード、タグの編集など実行できるアクションを付与できる。閲覧のみに限定してもスクリーンショット作成などを避けるため、Boxアカウント名とアクセス時刻を電子透かしとして表示させ、機密情報を視覚的に明示することも可能だ。

 辻村氏は「Boxは従来の境界型セキュリティではなく、ファイルそのものにセキュリティを付与している。セキュリティは妥協してはいけない。Boxであれば(セキュアなリモートワーク環境を)実現できる」とセキュリティ機能を強調した。

Box Japanが提唱するポストコロナ時代のデジタルワークプレイス(出典:Box Japan)
Box Japanが提唱するポストコロナ時代のデジタルワークプレイス(出典:Box Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]