編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
日本株展望

「不況下の株高」続く?--米国バイオ株はディフェンシブ✕成長株か

ZDNet Japan Staff

2020-04-17 11:31

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 米国株式は不況下の中で「半値戻し」を達成した
  2. 世界が注目する米国NY州の新型コロナ感染動向
  3. バイオテクノロジーはディフェンシブでグロース?

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国株式は不況下の中で「半値戻し」を達成した

 新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウン(外出禁止・制限)の影響で世界景気が急速に悪化する中、日米株式は底堅く推移している。感染拡大がいったん収束した中国では、発生地だった武漢市(湖北省)のロックダウンを8日に解除。中国政府は徐々に軸足を移している。感染者数で世界最大の米国では、NY州などで感染増加がピークアウトの兆しを見せ、トランプ政権も経済活動の再開時期を探る姿勢を見せている。

 S&P500指数は年初来安値から約27%上昇(14日)。年初来高値(2月19日の3386.15)から年初来安値(3月23日の2237.40)までの下落幅の「半値戻し」の水準(2811.78)を突破した。「半値戻しは全値戻し」との相場格言がある。

 図表1は、この戻り相場をGAFAM(米IT大手銘柄群)が主導しており、米国株式に復元力があることを示している。なお「不況下の株高」との格言もある。リーマン・ショック(2008年9月)を発端とする金融危機で景気後退入りした米国では、実質GDP(国内総生産)成長率がマイナスを続け景気後退に陥っていた2009年3月に株式市場が底入れした経緯もある。当時と現在の共通点は、FRB(米連邦準備制度理事会)の積極的な金融緩和が挙げられる。

 とはいえ、実体経済は悪化を続けており、足元で悪化する景気指標や今週から発表が始まった第1四半期の米決算発表とガイダンス(業績見通し)の内容次第で、利益確定売りや戻り売りが先行して短期的に株価が乱高下する可能性もある。

<図表1>米国市場では「不況下の株高」が鮮明となった

出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2019/5/1~2020/4/15)
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2019/5/1~2020/4/15)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]