編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ローカルにデータを残さない--VDI端末として活用できる「Chromebook」

ZDNet Japan Staff

2020-04-19 08:00

 第2回では「Chromebook」が持っている無限の可能性について解説しましたが、今回は様々なOSやグループウェアを利用している環境でもChromebookが活用できる機能について解説いたします。

 前回まではChromebook+G SuiteやAndroidアプリの利用についてメインにお伝えしましたが、読者の方々の多くは「うちの会社はOffice 365を使っている」、「作業環境のメインはWindowsを使っている」という考えから、自分たちには関係ない話と感じている方も思います。そして、そのような方にとってChromebookを使うことに対してのメリットが見えないのは事実ではないかと思います。

 ですが、全く関係のない話ではありません。むしろWindows環境を使っているユーザーでもChromebookを使うことで組織の業務システムを有効活用し、企業にとってメリットがあり、かつ運用面でも効果が発揮することが可能です。

ChromebookをVDIとして活用する

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)や仮想化デスクトップ基盤(VDI)といったキーワードがトレンドになり、話題になっていますが、実はChromebookをVDIのクライアントとして利用することが可能です。

 VDI環境を利用するには利用するユーザー側は何かしらのクライアント(シンクライアント)を利用する必要があり、様々なシンクライアントを各社提供しています。最近のトレンドとしてクライアントの仮想化はVDI環境がメインになっており、利用されるシンクライアントの特長としては、

  • クライアント側はデータを一切保持しない
  • クライアント側はサーバーに接続し、操作を行うだけ

というシンプルな機能を備えたものが標準になっています。

 VDIを導入するメリットとして、セキュリティ対策が挙げられます。昨今セキュリティ管理を重視する企業が増えており、厳しい規制やデータ漏洩、ウイルス対策、盗難など深刻な問題が発生することを未然に防ぐことを課題にしている企業も多いと感じています。そのような企業は様々なセキュリティ対策を行っていますが、VDIの導入を選択肢にしている企業も多いことでしょう。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年3月25日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]