編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテルとUdacity、エッジAI開発者向けの学習プログラムを開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-20 11:22

 IntelとUdacityは、エッジでのディープラーニング(DL)モデルの開発や配備の方法について学ぶ開発者を支援するために、「Intel Edge AI for IoT Developers Nanodegree Program」という新たなナノディグリープログラムの提供開始を発表した。同プログラムは「Intel Distribution of OpenVINO」と呼ばれるツールキットを採用しており、人工知能(AI)を活用したエッジ機器の開発や配備の迅速化を目的としている。

 エッジ側でのデータ収集/処理が増加するにつれ、エッジでのAIソリューションの開発は、医療から製造業までさまざまな業界で急務になるはずだ。IntelのJonathan Ballon氏が述べているように、エッジで用いられるAIモデルの開発や配備には、多くの開発者が身に付けていない特殊な知識が必要となる。

 IntelのIoTグループでゼネラルマネージャーを務めるBallon氏は声明で、「学生はクラウド向けのディープラーニングモデルの構築と配備の手段を学んできた」とし、「われわれはUdacityとともに、現実世界のデータ生成場所、すなわちエッジで活躍できるAI開発者を育成する。エッジ機器上へのモデルの直接配備を最適化するには、電力や、ネットワークの帯域幅/レイテンシー、多様なコンピュートアーキテクチャーといった固有の制約条件に関する知識が必要となる。このプログラムが提供するスキルによって開発者、そして開発者を雇用する企業は、さまざまな分野を横断する現実世界のアプリケーションで学んだ知識を導入できるようになる」と説明している。

 この新プログラムを完了するには3カ月ほどを要する見込みだ。プログラムの受講者はOpenVINOツールキットを利用することになる。このツールキットを用いることで、開発者は高水準言語のC++やPythonの推論エンジンAPIを通じて、学習済みのDLモデルとアプリケーションロジックを統合し、配備できるようになる。さらに受講者は、現実世界の3つのプロジェクトを完成させ、Udacityのレビューアーネットワークでのレビューと評価を受けることになる。

 プログラムを完了した学生は、Udacityの卒業認定証を受け取ることができる。

 またUdacityとIntelは、プログラムの一部のコンテンツを「Intel Edge AI Fundamentals with OpenVINO」という新規プログラムを通じて無償で提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]