マイクロソフト、「Teams」内で「Yammer」の機能を利用可能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-22 12:52

 Microsoftは米国時間4月20日、コラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」内から企業向けSNS「Yammer」と同等の機能を利用できるようにする新規アプリ「Communities」の提供を開始したと発表した。同社が刷新したYammerを2019年秋に発表した際、コミュニティーの活性化と知識共有の実現を強調していたことを思い返せば、Communitiesという名称はそれほど驚くには当たらないだろう。

Microsoft Teams
提供:Microsoft

 Communitiesが対象にするユーザーは、Yammerと同様に、広範なグループに向けて情報を発信したいというニーズを持った人たちだ。Communitiesアプリでは、多人数が参加する投票や質問のほか、組織全体または特定の部門に向けた発表が可能で、そうした連絡の到達度合いや影響を把握することもできる。またCommunitiesアプリによって、動画や、双方向の対話、Q&Aを用いた公会堂型のミーティングを開催できるようになる。

 Communitiesアプリは、Teamsに組み込まれているアプリストアから入手できる。管理者はこのアプリを全ユーザーのためにピン留めしたり、インストールできるユーザーをカスタムポリシーで指定したりできる。個々のユーザーはアプリをインストールして自らピン留めすることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]