編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

富士通、JAXAの第3世代スーパーコンピューターシステムを受注

ZDNet Japan Staff

2020-04-22 13:50

 富士通は4月22日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から新スーパーコンピューターシステムを受注したと発表した。現行の「JAXA Supercomputer System Generation 2(JSS2)」の後継となる第3世代システムになり、10月から稼働する予定となっている。

「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」
「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」

 新システムは、5760ノードの「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」で構成され、計算シミュレーションでの倍精度(64ビット)の理論演算性能としては現行システムの約5.5倍となる19.4ペタフロップスになるという。また、汎用では465台のPCサーバー「FUJITSU Server PRIMERGY」が導入されるほか、約10PBの高速アクセス記憶装置を含む合計約50PBの大容量ファイルシステムも導入される。

新スーパーコンピューターシステムの概要
新スーパーコンピューターシステムの概要

 現行のJSS2も3240ノードの「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX100」で構成される「SORA-MA」などで富士通製の機器が採用されている。新システムはJAXAのハイパフォーマンスコンピューティング基盤として運用され、衛星観測などの大規模データ解析や共同研究における人工知能(AI)計算処理などに利用されるとしている。

現行のJSS2(出典:JAXA)
現行のJSS2(出典:JAXA)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]