編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

NECの新サービスにみる「DXを実現するモダナイゼーションの勘所」 - (page 2)

松岡功

2020-04-23 07:00

DXを実現するモダナイゼーションの勘所は「人材」

 以上が発表の概要だが、筆者がこのサービスに注目したのは、DXを実現するモダナイゼーションというレガシーシステムを抱える企業にとっての最大の課題に取り組むこともさることながら、そのためのSE人材の確保を明示しているからだ。しかも中途採用者やオフショア人材にも言及しており、取り組みに対する問題意識の高さがうかがえる。

 IDC Japanが先頃発表した「国内エンタープライズインフラ市場のユーザー動向調査」の結果によると、ITインフラのモダナイゼーションに対する最大の阻害要因としては「予算の制約」が突出していたが、次いで「ITスタッフの過負荷/不足」「最新テクノロジーに対するITスタッフの教育/知識不足」を指摘する回答も多く、この2つを合計すると4割弱を占め、「予算の制約」を上回った。(図3

図3:ITインフラのモダナイゼーションに対する最大の阻害要因(出典:IDC Japan)
図3:ITインフラのモダナイゼーションに対する最大の阻害要因(出典:IDC Japan)

 この結果から、同社では「ITスタッフの過負荷とスキル陳腐化が、モダナイゼーションの大きな阻害要因として顕在化していると考えられる」との見解を示した。

 このIDC Japanの調査結果による見解は、NECが今回提供するサービスにおける問題意識と、「人材」という点で一致している。すなわち、人材こそがDXを実現するモダナイゼーションの勘所である。

 おそらくNECでは今回のサービスを提供する複数の顧客との間でプロジェクトが動き始めているだろう。その事例も一応の成果を上げた際にぜひ公開していただきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]