編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Google Cloud「Anthos」のマルチクラウド対応、「AWS」でGAに

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部

2020-04-23 13:27

 Google Cloudは、マルチクラウド環境のワークロードを管理する「Anthos」プラットフォームの「Amazon Web Services」(AWS)対応がGA(一般提供開始)となったことを発表した。

 Anthosは、複数のワークロードの管理プレーンを提供するためのハイブリッドクラウド/マルチクラウドプラットフォームだ。Google CloudがAWSやMicrosoft Azureとの競争を繰り広げる中、同社がさらなるエンタープライズのワークロードに対応できるようにする要素となる。

 Google Cloudの最高経営責任者(CEO)Thomas Kurian氏はAnthosについて、複数の業界で利用可能なデジタルトランスフォーメーションのエンジンだとしている。Anthosのマネージドサービスは、エンタープライズアプリケーションをモダナイズする手段の1つだとされている。

 Google Cloudのプロダクト管理担当バイスプレジデントJennifer Lin氏は、AWSとともにオンプレミスのインフラを利用している多くの顧客が、AWSに対応したAnthosを試験的に利用していると述べた。Microsoft Azureへの対応は、現在プレビューとなっている。

 Lin氏は「当社の顧客の多くがマルチクラウドに取り組んでいる」とし、「市場の需要を考慮してAWSを最初に選んだが、Azureへの対応はプレビュー版として提供しており、間もなく正式に提供を開始する。われわれは、さまざまな業界の多くの企業でテストしてきた。企業は1つのクラウド環境に縛られたくないと考えている」と述べた。

 Anthosは当初、VMwareの「VMware vSphere」といったプラットフォーム上で稼働しているオンプレミスアプリケーションをGoogle Cloudに移行するためのプラットフォームとしてサービスを開始したが、企業は複数のクラウドベンダーを利用するようになっている。Cisco SystemsやNetAppといったベンダーもAnthosをサポートした機器を用意している。

 Anthosのメリットには、主にロックインを回避したいという考えがあるとLin氏は説明した。「Kubernetes」のようなツールを用いてインフラやワークロードを抽象化することで、Anthosは企業が一元的なポリシーで複数のワークロードを管理できるようにする。Lin氏は「規制のあるエンタープライズ顧客の声を多く確認している」と述べた。

 Anthosのアップデートには、コンテナーと同様のポリシー管理機能を、Google Cloud上の仮想マシンに対しても実現できる「Config Management」機能が含まれている。また「Anthos Service Mesh」は、向こう数カ月以内に、仮想マシン上で実行されるアプリケーションをサポートするようになる。

 さらに、サードパーティーのハイパーバイザーなしに実行できるAnthosもロールアウトされる予定だ。また、ベアメタルで動作するAnthosをエッジコンピューティングの配備に使用できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]