編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Windows Terminal v0.11」が公開--正式リリース前最後のメジャーアップデート

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-24 10:28

 Microsoftは、オープソースのコマンドラインアプリ「Windows Terminal」のv0.11をリリースした。これは「コマンドプロンプト」や「PowerShell」「Windows 10」の「Windows Subsystem for Linux」(WSL)を使用している開発者向けのツールだ。

 同社によると、このバージョンが「v1.0をリリースする前の、最後のメジャーアップデート」になる。しかし、マイルストーンとなるv1.0の発表前に、幾つかの新しいアップデートがリリースされる可能性もある。

 同社は2019年5月の「Build 2019」でTerminalを発表し、その1年後となる2020年5月にTerminal 1.0をリリースする計画だ。

 米国・シアトルで5月19〜21日に予定されていた「Build 2020」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、オンラインイベントに変更された。Buildには通常、約5000人の開発者が参加する。

 Windows Terminalの最新版は「Microsoft Store」もしくはGitHubのリリースページからダウンロードできる。

 Terminal v0.11は、ユーザーインターフェース(UI)で英語以外の言語に対応する初めてのバージョンだ。しかし、Microsoftはバグや翻訳に関する細かい問題を解決中だという。

 「Microsoft Azure」上のリソースを管理するためのブラウザーベースのシェル「Azure Cloud Shell」(ACS)との連携も強化された。

 Microsoftのエンジニアリング責任者であるDustin L Howett氏は「エラーが発生した場合、ユーザーのISP(インターネットサービス事業者)を非難する代わりに、その原因を明らかにする。ユーザーのトークン失効によるエラーについても同様だ。Terminalは、ユーザーに再びログインするように指示する」と説明した。

 v0.11では、設定も大きく変更されている。例えば、設定ファイル名を「profiles.json」から「settings.json」へと改称した。Terminalをインストールしている場合、ユーザーの設定ファイルは自動的に更新される。

 Microsoftは、設定ファイルをフォルダー外に待避させ、Terminalに新しいファイルを自動生成させることを推奨している。ユーザーはその後、設定内容をコピーすればよい。

 また、Terminalが自動生成する全てのプロファイルで、Microsoftが開発したTerminal専用フォントの「Cascadia Code」がデフォルトになる。

 Terminalには、カラースキームとして「Tango Dark」と「Tango Light」が同梱され、ユーザーはカーソルの色をユーザープロファイルではなく、カラースキームで指定できる。

 入力と操作についても幾つかの改良が施された。例えば、ユーザーがTerminalをクリックするとタッチキーボードが表示されるほか、タッチパッドとタッチスクリーンのスクローリングを改善した。入力の際には、絵文字と顔文字も表示される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]