編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

総務省、マスクのまま検温できる測定システム導入--歩きながら0.5秒で判断

藤代格 (編集部)

2020-04-30 07:15

 総務省が人工知能(AI)を活用した高速体温測定システム「SenseThunder」を中央合同庁舎第2号館、総務省第2庁舎に導入。

 マスクをしたまま来省者の体温を測定可能で、感染症の拡大を防止するという。システムを開発、提供した日本コンピュータビジョン(JCV、千代田区)が発表した。

導入した中央合同庁舎第2号館、総務省第2庁舎の様子(出典:JCV)
導入した中央合同庁舎第2号館、総務省第2庁舎の様子(出典:JCV)

 SenseThunderは、香港SenseTimeの深層学習(ディープラーニング)技術を活用した顔認証デバイス、サーマルカメラ、管理プラットフォームで構成する。

 額の位置を特定し、11万の温度点から体温を測定。非接触、ウォークスルー、マスクを着用したまま、対象者と0.5~1.5メートル離れた距離から0.5秒で測定できるという。誤差は0.3度内で、体温異常やマスク未着用を検知した場合、管理者に即時通知できるとしている。

SenseThunder活用イメージ(出典:JVC)
SenseThunder活用イメージ(出典:JVC)

 総務省では体温測定のみに活用する。顔認証による入館管理、来省者の個人情報や画像データ取得はしないとしている。

マスク着用も判別(出典:JVC)
マスク着用も判別(出典:JVC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]