編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

グーグルクラウド、G Suite新版やGoogle Meetを無償提供

ZDNet Japan Staff

2020-04-30 10:45

 Google Cloudは、G Suiteの新エディション「G Suite Essentials」やビデオコラボレーションのGoogle Meetを5月上旬から9月30日まで無償提供することを発表した。個人でも利用できる。

 G Suite Essentialsは、G Suite未導入企業・組織を対象として、Google Meetおよびオンラインファイル共有のドライブ、文書作成などのドキュメント、表計算などのスプレッドシート、資料投影などのスライドの各機能を利用できる。同社のウェブフォームで利用を受け付ける。

 Google Meetは法人向けに提供されているが、5月上旬から9月30日までは個人でもメールアドレスを登録するだけで法人向けと同様にビデオ会議や画面共有、スケジュール管理などの機能を利用できる。なお、「9月30日以降」はビデオ会議の利用時間が60分までとなるなどの制限が適用されるという。

Google MeetやG Suite Essentialsなどの概要。G Suite Essentialsは中小の組織での利用を想定しており、無償期間後の提供内容などは今後アップデートされるという(出典:Google Cloudの説明資料)
Google MeetやG Suite Essentialsなどの概要。G Suite Essentialsは中小の組織での利用を想定しており、無償期間後の提供内容などは今後アップデートされるという(出典:Google Cloudの説明資料)

 Google Meetのセキュリティについて同社は、会議への不正参加の防止や機能利用に関する厳格な制御、転送や保存するデータなどの暗号化、業界別やセキュリティなどの各種認証の取得および準拠するデータセンターの利用などを挙げ、ユーザーデータについては広告で使用せず第三者にも販売しないと説明。安全性やプライバシーに配慮していることを強調した。

Google Meetの画面イメージ(提供:Google)
Google Meetの画面イメージ(提供:Google)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]