編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

富士フイルム、国内外数万点の技術文書管理基盤を十数年ぶりに刷新

藤代格 (編集部)

2020-05-01 06:45

 富士フイルム(港区、連結従業員数3万1844人)のメディカルシステム事業部が、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツール「Alfresco Content Services」を採用。ドキュメントの発行、管理、公開というフローを効率化し、管理レベルを同一化したという。4月30日、提供したシステム開発ベンダーのリックソフト(千代田区)が発表した。

 富士フイルムの国内外販社のフィールドエンジニアが医療機器全般を設置、保守するための技術ドキュメントは、新規、改訂あわせて数万点以上あるという。

 ドキュメントをシステムに登録するための承認ワークフロー、それらのバージョン管理やシステムの設定といった保管、管理、公開、閲覧時の検索などの国内の共通基盤としてグループウェアを活用。2019年にサポートが終了、システム刷新が必要になるとともに、海外ではドキュメント検索の使い勝手を課題としていたという。保守、運用の負荷やコスト抑制、環境共通化のため検討に至ったとしている。

 大容量ファイルでも検索しやすい使い勝手、年間数千件の新規、改訂ドキュメントを処理するワークフロー、国内外で活用できるクラウドサービス、他社での導入実績、サポート体制を要件に検討。セミナーやデモなどを通してAlfrescoプラットフォーム上で登録、管理、公開する仕組みに決定したという。

 ダウンロードからオンラインへというデータ活用方法、検索方法やコンセプトなどが使い慣れたシステムから変更。導入当初は多少混乱したという。が、検索は大容量、複数ファイルでも高パフォーマンスで、旧システムで問い合わせ、要望が多かった海外の利用者からの評判も高いと説明。ドキュメントと承認プロセスが統合するワークフローは、シンプルで融通が利く設計が可能としている。技術ドキュメントの管理基盤の刷新は十数年ぶりになるという。

富士フイルムの活用イメージ(出典:リックソフト)
富士フイルムの活用イメージ(出典:リックソフト)

 Alfresco Content Servicesは、ウェブブラウザのほか、さまざまなアプリケーション、プロトコルで活用可能。100ユーザーまで活用できる。スターター、300ユーザーのビジネス、1000ユーザーのエンタープライズをラインアップしているが、価格体系は非公開。

サービスイメージ(出典:リックソフト)
サービスイメージ(出典:リックソフト)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]