編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Google CloudとSplunkが戦略的提携--企業のデータ活用支援強化へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-05-07 15:34

 Google CloudとSplunkは米国時間5月5日、新たな戦略的提携を発表した。「Splunk Cloud」をGoogle Cloudで利用できるようにする。

 「Splunk Cloud on Google Cloud」により、両社はGoogleの「Anthos」「Cloud Security Command Center」「Stackdriver」とのネイティブなインテグレーションを実現し、顧客がアプリケーション間でデータを共有したり、ハイブリッド環境、マルチクラウド環境から抽出したデータセットからインサイトを得たりできるようになるとしている。

 Googleは、Splunk Cloud on Google Cloudのメリットして、Splunkのクラウドモニタリングプラットフォーム「SignalFX」を利用し、Google Cloudのサービスのパフォーマンスを視覚化してモニタリングする機能や、「Google Vault」「G Suite」「G Suite for Gmail」「Safe Browsing」「Big Query」向けの「Splunk Phantom」アプリを利用して、セキュリティインフラのオーケストレーションを実現できることを挙げている

 Google Cloudの最高経営責任者(CEO)であるThomas Kurian氏は、「データは、あらゆる企業におけるデジタル変革の中心にあるものだ。Splunkと提携し、データに基づく企業のクラウドネイティブな戦略の策定を支援できることをうれしく思う」とし、「企業は今後、Google Cloudの信頼できるセキュアなインフラで、ITやセキュリティ、ユーザーの行動などのSplunkのデータ分析機能を利用できる」と述べた。

 SplunkはこれまでにAmazon Web Services(AWS)と提携しており、Splunk Cloudは多くの主要なAWSサービスに統合されている。

 Splunkによると、Splunk Cloud on Google Cloudは現在、アーリーアクセスプログラムに参加している顧客を対象にベータ版として提供されており、近く一般提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]