編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ウェブ開発者の生産性向上に貢献--グーグルがフレームワークに尽力する理由

ZDNet Japan Staff

2020-05-09 08:00

 ウェブはGoogleに優しいが、その理由の1つは、Googleがウェブに優しくあろうと懸命に努めてきたからだ。確かに、その優しさによってGoogle自体も利益を得ているとはいえ(同社の広告はひとりでに掲載されるわけではない)、Googleは長年、ウェブ用のアプリケーション開発を容易にするべく多額の投資をしてきたし、そうしたアプリケーションへのアクセスに多くの人が使用するウェブブラウザー「Google Chrome」も開発してきた。

 Google ChromeのプロダクトマネージャーであるNicole Sullivan氏に話を聞いたところ、Googleがウェブ開発の発展に寄与する重要な方法の1つ、すなわちフレームワークについて詳しく語ってくれた。開発者がフレームワークを使用する理由はさまざまだが、トップ10に必ず入る理由は生産性の向上だ。筆者はこの点を念頭に置き、Googleが「Next.js」「AngularJS」などのフレームワークに貢献することで、ウェブ開発者の生産性にどのように寄与しているのかを聞こうと考えた。

始まりはAngular

 Googleは長年にわたり、フロントエンドウェブ開発の各種フレームワークを積極的に採用してきた。たとえば、広く支持されているAngularJSを開発し、オープンソース化した。GoogleはAngularで、「ウェブアプリケーションの構築、設計、管理をどうするかという、多くの開発者が抱える共通の問題を解決する」ことを目指していたと、Sullivan氏は述べる。

 実際に、Angularの初期のプロトタイプを使用して、1つのアプリケーションで数千行のコードを削ることに成功した開発者がいた。多くの企業と同じくGoogleも、機能的で実用性が証明されているフレームワークが、大規模かつ複雑なアプリケーションの開発にどれほど役立つかを知っている。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年2月13日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]